無利息サービスを賢く活用する

個人経営の会社や一般の人に無担保でお金を融資する会社が消費者金融です。
銀行はある程度の売り上げ規模がある個人経営の企業や個人にお金を融資しますが、融資の際には融資を受けるお金の使用用途、担保の価値を調査しますが、消費者金融は融資の審査をして信用できると判断すると、融資するお金の使用目的は不問で担保も取らずにお金を融資してくれるのでありがたい存在といえるでしょう。
消費者金融は銀行とは異なりお金を融資して貸出金利によってのみ利益を得ています。
消費者金融は貸出金利が唯一の収入源ですから、銀行よりは貸出金利が高めに設定されています。
ですが賢く消費者金融を活用すると、貸出金利を低く抑えて、銀行よりも簡単に、無担保でお金の融資を受ける事が可能になるでしょう。
その方法の一つは、各消費者金融が宣伝している無利息サービスの活用です。
無利息でお金を融資していては唯一の収入源がなくなってしまうため、消費者金融には全くメリットがないように思えるでしょう。
消費者金融の無利息サービスは、融資後の一定期間だけを無利息期間とし、消費者金融への抵抗感を和らげたり、リピート客を増やすといったある種の宣伝効果を目的としたものです。null
各消費者金融が宣伝している無利息サービスは、金融機関により設定期間が異なりますが融資後6日~40日間となっています。
ですから、無利息が適用される期間が長めの消費者金融から融資を受ける事により、返済金額を抑えて賢く活用できるでしょう。