消費者金融にブラックリストはあるのか?

だれでもお金がピンチということはあると思います。
そこで一番はじめにやるのが、自分の持っている銀行からのキャッシングか、カード会社からのキャッシングを申し込む方法だと思うのです。
だれでも口座やクレジットカードをつくるときに限度額を設けるのでその限度額内だったら簡単にキャッシングができるようになっているのです。
そこで借りられないということになると、消費者金融で借りるということになるのです。
その場合も、はじめは、CMなどでよく聞く消費者金融で借りるのが一般的のようです。
そしてそれができなくなるともう少し小さな消費者金融へと移行していくようです。
どの消費者金融に申し込む時でも必ず審査があります。
この審査に通らないと、お金を貸してもらえないというのはすべてで同じなのです。
この審査のシステムは各消費者金融が、返済をしてもらえるのかと判断するものなのです。
これは個人信用情報機関という組織を通じて、その人がほかの消費者金融などからどのくらい借りているかが確認されるようになっているのです。
もし、ほかの消費者金融で返済できない額があった場合は、ブラックとされてしまうようです。
このブラックというのは、特別なリストというものではないそうですがブラックというのはクレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどの支払いが一定期間延滞した場合に、登録されてしまう情報だというのです。
このブラックに登録されてしまうと、ブラック情報最低5年間は消えないらしいです。
その間は、どこからもお金は借りられないということになるのです。
ですから、どこからお金を借りたとしても支払い期日を守るということが一番大切です。
それができなくなると、ヤミキンというものを利用するようになるようですが、それはもう末期症状というのか、自分の力では、どうにもならないくらいの借金まみれになる可能性があるのでそこまでにはならないように、注意が必要なのです。